2012年06月23日

おとといは

JOJO MAYER率いるNERVE観てきたのです。この話はまたそのうち。
posted by chikage at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫陽花革命

そう名付けられた昨夜の首相官邸前抗議行動
昨夜の報道ステーションと今朝の東京新聞で、やっと伝えてくれた。

最初から地道に続けている方々、ほんと凄いです。
祝島や沖縄、もっと長い長い間継続しているところもある。
諦めずに、なにか変わるまで。

来週も参加します!
posted by chikage at 12:29| Comment(2) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

日本の宝 天国に召される

あぁ、昼にこの文字が飛び込んできた瞬間、本当に血の気が引いた。
ジョニー吉長 死去

学生の頃、PINK CLOUDに度肝抜かれてから
ずっと、離れることなく自分の心のなかにいる音。

最後に観れたのは今年1月の新春セッションだった。
あの スネアのタイミング、キレ、音のヌケ、
あの くう感じ。
音に対する表情が豊かでさ
ずっとニヤけながら観ていた。

R.I.P.ジョニーさん
posted by chikage at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

余韻

DENIALツアーファイナルワンマンの余韻と
THE BANDの音とあいまって
良い朝です。
頭の中の映像はラストワルツがヘビロテです。
いなたく美しく儚い純粋なROCK

さて仕事頑張ってきますか!
posted by chikage at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

29日火曜日は

仲間のライブで吉祥寺GBに行く予定。
なんと対バンに、原マサシのもうひとつのバンドが出ると。
そして鈴木穣さんのユニットも出ると。

これは行くしかないっしょ。
久々の休日だけど、ゆっくりなんかしてられないわー
posted by chikage at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早めに出たから良かったものの

2012.5.26 JAPAN BLUES & SOUL CARNIVAL 2012@Zepp DiverCity Tokyo

Zepp DiverCity Tokyoだったのね・・・
昨年のJohnny Winter公演がZEPP TOKYOだったので、何の疑いもなくいつものとこへ・・・
私を含め一体何人いたかしらんw

ってなことでギリ到着。ビール飲みたかったけど見える場所確保したかったから我慢。

まずはSonny Landreth
サニー・ランドレスは初めて観た。
知ってる曲ってばCongo Squareだけです。はい、勉強不足ですな。
話には聞くNew Orleans風味、ケイジャン・ザディコな感があるのかと思ったら、案外そうでもなかった。
しかし個性的、変態スライドプレイヤーだったな。
一回観たら記憶に焼きつくわぁ。

そしてJohnny Winter
座って弾く姿がばっちり見える場所keep。
ジョニー除く3人でのオープニング、そしてギター持ってジョニー登場。
え!
立ったまま弾いたよ!!!
BLUESファンなら今のジョニー知っているじゃないですか。座ってでないと弾けないって。
だから会場大盛り上がり!!
オープニングから続いてのHide Awayでジョニー椅子に座りましたが、こちらはもう興奮状態のままですよ。
Good Morning Little School Girlとか、昨年より元気に弾いているじゃない?? ほんと何時まででも弾いていそうなテキサス魂全開。ドライブ感あるあるある。座って弾いているのに、立って弾いている錯覚を起こすほど、凄く勢いあった。歌はもちろん最高!
JJFはやってくれなかったけど,ギミシェルはちょろっとやってくれましたね。

そして本編ラストのIt's All Over Nowで、また立って演奏。感動しました。
アンコールはお待ちかねファイヤーバードでスライド。あの音。ほんとにあの音。弾きまくってましたなぁ。

前回より満足度高かったかも。
私にとって3度目のライブ、バンドメンバーの音もすっかり身に染み付いて注意深く聴けるようになってるしなー。良いメンバーに支えられています。


10代の頃、初めて好きになった虜になったブルース・ギタリスト
いつまでも元気でいてください。
posted by chikage at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

さてと、スペシャルな音は続く

本日はZEPPへジャパン ブルース&ソウル カーニバル観に行ってきます!
有給取れなかったけど、早退getです(^_^)
ジョニー・ウインター再び☆
posted by chikage at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

終電近くまで

本日は吉祥寺GBにてブルースセッション。若い子達に混じってたのしんで
本編終了後、ひっそり歓談&呑み〜の、GBの藤崎さん交えて語り〜の、
最後はこっそり番外編セッションでした。藤崎さんベース15年振りに触ったって!
めちゃ幸せな時間。
posted by chikage at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

贅沢は続きます

2012.5.14 Aaron Neville@Billboard Live Tokyo

早朝のJAZZFESTウェブキャストでウハウハしてたのはつい先日のこと、いよいよ来日しましたAaron Neville、今回はAaron Neville & His Quintetでのライブ、Charles Neville (saxophone)が一緒でした。ラッキー☆ ギターも前のNeville Brothers来日の時弾いてた日本人、ドラマーも多分Nevilleで叩いてる人。
あの声にかかったら、どんな曲さえも名曲になってしまうんじゃないかと、ほんと愛しい声です。唯一無二の美しい声。そこにCharlesの妖しい音色が絡む、いいハーモニーだ。
途中からはおなじみタンバリンを叩き、華麗な?ステップを踏み、立って観たいなーと思いつつ我慢しつつでした。最期の最後はスタンディングオベーションの後、立って観れたけどね。

Tell It Like It Is聴けた!
中盤のアヴェ・マリアで、鳥肌。
Nevilleのライブで聴けたAmazing Graceと双璧。

ほんと、人類の宝です。
もう70歳過ぎてるんだよね、長生きして、沢山良い歌を歌ってほしい。
posted by chikage at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

R.I.P DDD

Booker T.&the M.G.'sやThe Blues Brothers、メンフィス代表する、ソウル界代表するベーシスト、Donald “Duck” Dunnが、ブルーノート東京での公演を全て終えた後の今朝、東京のホテルでなくなった。衝撃すぎる・・・
知り合いベーシスト、関西からライブに駆けつけたり、最終日前日に来日してるの知って、ギリ予約間に合った人もいる、今思うと、きっとなんか呼ばれたんじゃないかと思うくらい。
ライブ前には清志郎のお墓参りもしていたらしいね。
東京で亡くなったっていうのがなんとも複雑。残念すぎる。

Steve Cropper落胆しすぎてるだろうな、かわいそう・・
posted by chikage at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。