2012年10月19日

ichiroライブ

2012.10.16 ichiro "Raw Vintage Tour" @横浜THUMBS UP

エナロックから中二日、さっそくツアーに参戦
エナの時よりじっくり観させてもらいました。学びの場です。どうしてもやはり、自分が演奏するならって感覚で各楽器を聴いてしまいます。特にこの人達のは。
まぁ後半は踊りまくってましたがw
新曲は、まだこちらの耳が慣れてないってのもあるかな、回数重ねてバンドマジック生まれる頃が楽しみです。The Sonsよりカラフルな、Blues Rockの枠に捉われない新曲達です。しかし言葉が重く突き刺さってくるな・・・ この日本の現実を汲み取っての歌になってます。

IMG_0861.jpg
馬場まで戻って友と呑み。熱く語ってたらばあぁ朝になってました・・

posted by chikage at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

20121008

2012.10.08 @吉祥寺GB

時間間に合って、まずのセッションバンド。
セッションといえども曲を作りましたと。そしてクスッとくらいじゃない先人へのオマージュ。カヴァーではMessin' With The Kidとかきたけど、渋すぎたかな。ブルースでは大定番だけど。

トリにDENIAL
首振りすぎました。軽くモッシュでした。出音に相応な反応をしたまで、ですが。
最後はね、I Can't〜か、Universeか、anywayあたり、やってくれよ。
posted by chikage at 01:41| Comment(1) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

だって好きなんだもん

2012.9.21
祝50周年☆ストーンズナイト@南青山レッドシューズ

こんなに盛りだくさんでいいの〜ナイトでした。
有賀さんと金子ヒロムさんの、むふふな内緒話ありーのトーク。
ライブはTHE PRIVATESに、Special GuestのVoo Doo Hawaiians
やっぱプライベーツはかっちょえぇ、格好良さにブレがない。
ギミシェルからは大判振る舞いの抽選プレゼント。
私はマグカップ頂きましたわ。

翌日朝から仕事なので、早々に帰宅しなければなのが残念でしたが・・




posted by chikage at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

ご機嫌bluesと爆音blues rockな夜

2012.8.23 GB BLUES CARNIVAL 〜夏の終わりのブルース〜 @吉祥寺ROCK JOINT GB

トップバッターはfrom山口、70's birds、ゴツゴツしたBLUES ROCK炸裂でした。衣装も気合い入ってましたな!
そして、MONSTER大陸、こんなバンド名聞いたことないよって、ステージに登場したメンバーみて、あれっ?ハープの千賀太郎さんだし、ドラムは吉岡さんだし♪ いやもう、とんでもなくバッチリだった。bluesってこんなにウキウキするんだって。体揺らしながらも、真面目にみちゃいました。
そしてRYU BANDの登場。しょっぱなSookie Sookieやっちゃいましたね。オリジナル数曲の後、お待ちかねichiro登場。やっぱりソックリ。RYU君に「誰に影響された?」と聞けば、まずichiroの名が上がるからね。RYU BANDメンバー、皆楽しそうに演奏してたな。そりゃそうだよね、せっかくの貴重な機会、楽しまないとね。
トリはGEORGIE PIE。原マサシ、曲者な風体と動きに惑わされて、持っている音の凄さまで辿り着けない人もいるみたいね・・ 私はやっぱり大好きだわ。超が何個もつくような個性、表現の幅、圧倒されました。

しかしGBはブルースだろうがなんだろうが、爆音の手を緩めることはしませんなww

また次のblues企画を楽しみに待ちますよー♪
posted by chikage at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

ブルデト

2012.8.12 BLUES DETOX @八王子X.Y.Z→A

今回もfirebird T使用でしたねぇ。
選曲と私の立ち位置のせいか、今回はドラムとギターがバランスよく自分にヒットでした。
Tushと、Ryoさん加わりーのストマン、goodでした。
ジョニー・ウィンターやったのもびっくり。
毎回色んなカヴァーをやってくれて、楽しい。
楽しいけど、既存の曲ではないJamも、もっともっと聴きたいなー
MCより音を聴きたいなー (・∀・)

しかしこの日を挟んで
前々日、翌日、翌々日と、自分はセッション三昧。
なんとも音楽漬けな一週間でした。
posted by chikage at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

米国濃厚音楽週間 Vol.4

2012.8.1 WALLY SESSION #2 @横浜THUMBS UP
フジロック フィールド・オブ・ヘヴンの土曜日のヘッドライナー、スティーヴ・キモック・バンドで来日中のWally Ingram(ds)が、サムズおなじみのミュージシャン達と凄いセッション繰り広げた夜。

児玉奈央(vo)/佐藤克彦(g)/沼澤尚(ds)
住友俊洋(g)ex THE SAVOY TRUFFLE/小笠原義弘(ba)ex THE SAVOY TRUFFLE
日倉士歳朗(g)/丹菊正和(ds)/AO YOUNG(g)from DACHAMBO
小西英理(key)from コパサルーボ/Arisa Safu(vo)
井上太郎(マンドリン)/倉井夏樹(harm)

純粋に気持ちよい音に身を委ねてました。
なんていうか、野外で心地よい風に吹かれているような、ビーチで寝っ転がりながら流れてくる音を楽しんでいるような、そんな感じ。たまにはjam系いいですね。ほんと良いセッションでした。
Wallyと握手&ハグしちゃいましたー♪
posted by chikage at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

米国濃厚音楽週間 Vol.3

2012.7.30 Dumpstaphunk / Stanton Moore with BLACK BOTTOM BRASS BAND@渋谷CLUB QUATRRO

同日同じく渋谷でバディ・ガイも単独やってたんだよねー。こちらも圧倒的なエネルギーで76歳とは思えないステージだった!と仲間が言ってました。

で、私はこのNOLAにたっぷり浸かるライブに行ってきたのでした。
色々刺激受けすぎて、なかなかに整理できませんので、改めてゆっくり残そうと思います。
posted by chikage at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

米国濃厚音楽週間 Vol.2

2012.7.26 CHRIS DUARTE GROUP JAPAN TOUR 2012@目黒BLUES ALLEY JAPAN
(Vo/G)Chris Duarte
(Ds)Jack Jones 
(B)Yoshihiro Ogasahara

昨年秋の大阪MINAMI WHEEL以来。
あの時は大入り立ち見、背伸びしながら観てたなー
今回はゆったり大人のテーブル席。
ベースのおがんちゃんにメール予約してたけど、一人参戦だから一体どうなるか心配だったけど、ふたを開けてみれば、4人テーブルのうち2人がセッション仲間。もう一人の女性もおがんちゃんつながり。この前のSAVOYリユニオンライブも参戦してたってんで、話は早いぜ!楽しくリラックスして参戦できました。

BLUES ROCKとJAZZ、いやそれだけには全然収まらないクリスのギタープレイ、そして呼応するベースにドラム。自由な音楽だったなー。時にjimiを彷彿させる、あの超越した雰囲気。大定番なcover曲色々も、彼らにかかると全然違う表情を見せる。Hideaway、People Say、Big Legged Woman、コルトレーンもやってた。
んで、おがんちゃんが「ドラムが優秀!」と繰り返し言ってたのが、観てようやっと分かった。いやーフレーズ自由だしシャッフルもいなたさありつつ柔らかく変化していく。
すんごいトリオだった。

IMG_0481.JPG
昨年購入のアルバムにサインもらった。
相変わらずの有無を言わさずのカタカナサインww
奥様が日本人なのでMCもほぼ日本語なんです。しかも笑いのつぼを押さえたMC
漢字も読めるとか・・・

いやぁ完璧っすね。
posted by chikage at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国濃厚音楽週間 Vol.1

2012.7.24 Gumbo&Bourbon Night@高円寺SHOW BOAT
ichiro(g.vo/The Sons,GIBIER du MARIE)
高橋"Jr."知治(b.vo/JUNGAPOP)
樋口晶之(ds)
坂口良治(ds/米米CLUB,JUNGAPOP)
金子隆博(key.vo/米米CLUB)
guest:BLUES SISTERS from RESPECT

恒例のNew Orleans MusicやBluesを愛するミュージシャンによるイベント。今回はBLUES SISTERSの初夏ちゃん紅葉ちゃんを大フューチャーでして、BLUES、SOUL色が濃かったね。そして今回も金ちゃんのMardi Gras MamboとMess Aroundは踊ったなー。
ichiroのギターも、ひっさしぶりにたくさん浴びれた。すごく良い感じにグイグイきましたわ。
たっぷり2時間、素敵な音をありがとうございました。


で、毎度の打ち上げ。
いつもJr.くんテーブルだったけど、今回は坂口さんテーブル。
たらふく食べて呑んだあとの歓談タイム、いっぱい話聞いて教えてもらいました。

なんかここから8/2まで、怒濤の濃厚音楽週間なんですよ。
その初日から、とっても大きい収穫ありでした (^_^)
posted by chikage at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

きちじょーじ

2012.7.14 Rama Amoeba / DENIAL@吉祥寺ROCK JOINT GB
濃い夜だったな。お腹いっぱい。

DENIAL
ファイヤーバードTのミニハムとあのアンプ、相性抜群。でノントレモロであの音であの曲、イメージかなり違っておもしろかったな。2マンだけに、おおって曲飛び出したりね。
Rama Aomeba
やはり、大島治彦さんのドラムに首ったけ。横ノリ、スイング、なんといえばいいのか、あのグルーブは。ギターとドラムのガシっとしたつながりが好きなんだなー。そして艶のある音、フレーズ。

ただ観て楽しむだけでなく吸収できたらねーと思ってたら、まじめにみちゃった。
posted by chikage at 09:28| Comment(5) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

デトックス

2012.6.30 BLUES DETOX@八王子
posted by chikage at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

早めに出たから良かったものの

2012.5.26 JAPAN BLUES & SOUL CARNIVAL 2012@Zepp DiverCity Tokyo

Zepp DiverCity Tokyoだったのね・・・
昨年のJohnny Winter公演がZEPP TOKYOだったので、何の疑いもなくいつものとこへ・・・
私を含め一体何人いたかしらんw

ってなことでギリ到着。ビール飲みたかったけど見える場所確保したかったから我慢。

まずはSonny Landreth
サニー・ランドレスは初めて観た。
知ってる曲ってばCongo Squareだけです。はい、勉強不足ですな。
話には聞くNew Orleans風味、ケイジャン・ザディコな感があるのかと思ったら、案外そうでもなかった。
しかし個性的、変態スライドプレイヤーだったな。
一回観たら記憶に焼きつくわぁ。

そしてJohnny Winter
座って弾く姿がばっちり見える場所keep。
ジョニー除く3人でのオープニング、そしてギター持ってジョニー登場。
え!
立ったまま弾いたよ!!!
BLUESファンなら今のジョニー知っているじゃないですか。座ってでないと弾けないって。
だから会場大盛り上がり!!
オープニングから続いてのHide Awayでジョニー椅子に座りましたが、こちらはもう興奮状態のままですよ。
Good Morning Little School Girlとか、昨年より元気に弾いているじゃない?? ほんと何時まででも弾いていそうなテキサス魂全開。ドライブ感あるあるある。座って弾いているのに、立って弾いている錯覚を起こすほど、凄く勢いあった。歌はもちろん最高!
JJFはやってくれなかったけど,ギミシェルはちょろっとやってくれましたね。

そして本編ラストのIt's All Over Nowで、また立って演奏。感動しました。
アンコールはお待ちかねファイヤーバードでスライド。あの音。ほんとにあの音。弾きまくってましたなぁ。

前回より満足度高かったかも。
私にとって3度目のライブ、バンドメンバーの音もすっかり身に染み付いて注意深く聴けるようになってるしなー。良いメンバーに支えられています。


10代の頃、初めて好きになった虜になったブルース・ギタリスト
いつまでも元気でいてください。
posted by chikage at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

贅沢は続きます

2012.5.14 Aaron Neville@Billboard Live Tokyo

早朝のJAZZFESTウェブキャストでウハウハしてたのはつい先日のこと、いよいよ来日しましたAaron Neville、今回はAaron Neville & His Quintetでのライブ、Charles Neville (saxophone)が一緒でした。ラッキー☆ ギターも前のNeville Brothers来日の時弾いてた日本人、ドラマーも多分Nevilleで叩いてる人。
あの声にかかったら、どんな曲さえも名曲になってしまうんじゃないかと、ほんと愛しい声です。唯一無二の美しい声。そこにCharlesの妖しい音色が絡む、いいハーモニーだ。
途中からはおなじみタンバリンを叩き、華麗な?ステップを踏み、立って観たいなーと思いつつ我慢しつつでした。最期の最後はスタンディングオベーションの後、立って観れたけどね。

Tell It Like It Is聴けた!
中盤のアヴェ・マリアで、鳥肌。
Nevilleのライブで聴けたAmazing Graceと双璧。

ほんと、人類の宝です。
もう70歳過ぎてるんだよね、長生きして、沢山良い歌を歌ってほしい。
posted by chikage at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

初期衝動的DENIAL

2012.5.8 DENIAL@渋谷La.mama

Okajiドラム久々だねー嬉しいねーと
待ちに待ったこのツアーの初日。
自然と叫んじゃうね。
重心の低いドラムだから、ギターが生きるんだよなー。
テンポひとつとっても、曲に身を委ね易い、そんな感じなのです。
(あ、これは重心が低いから、安定感あるのかなあ)
フィルインにしたって、やはりコレ!ってのが繰り出されるのです。
チャイナ叩きまくりなのはご愛嬌ってことでw

1曲目からキタ!!!もんね。

ツアーが楽しみ。
posted by chikage at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンド名はコラーゲンズ

2012.5.7 コラーゲンズ@横浜サムズアップ

ほんとふざけたバンド名よねw
しかし音はほんまもんですから。
大谷令文/高橋”ROGER”和久/住友俊洋/小笠原義弘
濃すぎる。濃厚コラーゲン。
というか贅沢すぎました。
前に観たトリオ・ザ・コラーゲンズよりはまろやか。やはり住友さんのギターが入ると違うなー。どうしたらあんなスライドの音になるんだろう。
おがんちゃんも、ニヤリとしながら超絶フレーズびしばしでしたな。

この日のオープニングアクトはElectric Muddy Landは、このサムズアップのBLUES SESSIONホストバンドの3人。いつも大変お世話になっております・・・ nobさんのギター好きなんですよ。セッションで一緒に出来るの、ほんと楽しい嬉しいもの。
爆音でMuddy Waters、楽しかった!

このメンツ、この音で、なんとこの日のチケ代2000円!
コラーゲンズ横浜初上陸でのお試し価格って!!
いやーありがとうございました☆
posted by chikage at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/29 この日本で

2012.4.29 Mick Ronson Remembered! @Zher the ZOO YOYOGI

Mickの妹さんMaggyが来日。凄いよね。継続するって凄いことだよね。
YASU君良かったね。
ライブの内容はもう、いうことないでしょ。
皆書いているだろうし。
欲を言えば、ソロ曲をもっとやってほしかったな。

同日どるたんさんのMick Ronsn Memorial BandはLa.mamaでライブ。
出来れば両方観たかった。
たまたま私がハコに入る時にどるたんさんとすれ違ったので
体が二つなくて悔しい、みたいなことを伝えたけど。
posted by chikage at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

ろ、ろくじー?

あら本日start18:00なんですね!びっくり。
どちらかのバンドが半分しか観れないって予定になりますわ。
しゃーない。
密度濃い仕事して、可能な限りノー残業目差してがんばるですわー
そしてこれはチャリ行き決定だな。日曜の渋谷なんてイライラするもの。続きを読む
posted by chikage at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

初BLUES小屋

2012.2.29
以前に福島なまず亭のジョニーさんにも「中野にもいい店あるよ」と教えてもらってたんだけど、なかなかマニアックそうで足が向かずにいたんです。中野Bright Brown。いつも八王子のsessionで会うベーシストさんがライブだというので、初めて行ってきました。
ライブ観ながら、ついつい自分が出来たらいいなーと想像しちゃうのですよ。一緒に観に行った子もsessionで会う歌うたいなので、なにかできないかねぇと、メンバーは誰と誰で、なんて想像しちゃうのですよ。
まずはここのblues sessionに参加してみるか・・・。まだちょっと勇気ないなw
posted by chikage at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

棚卸お疲れ様2日目w

2012.2.25 THE PRODIGAL SONS/DENIAL@渋谷La.mama

ぐっと年齢層高い2マンライブ。学生の頃から観て聴いてきた人達ですよ。

ライブ開始と同時にハコへ入ったという。扉に手をかけたとこでイントロが。危ない危ない否定さん始まるとこでした。バランス良いセトリ、途中で「あ、2マンだからたくさん曲聴けるのねー」と気が付いたという・・汗 そいや最近のCatasは沁み入るようには聴けないなぁ。急かされちゃう。

放蕩息子達は、チンピラろけんろーの塊。ツインギターの絡みにリズム隊のgroove、リスペクトなフレーズもたくさん、あれ観たらテレキャス弾きたくなるよなー。しかしホワイトファルコンさんは大丈夫だったのでしょうか??

posted by chikage at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人的なサブタイトルは

棚卸お疲れ様partyなのでした。ギリ間に合った!

2012.2.24 Gumbo&Bourbon Night@高円寺ShowBoat

毎度おなじみ、数ヶ月に一度のNew OrleansなParty。
ichiro(g.vo/The Sons,GIBIER du MARIE)
高橋"Jr."知治(b.vo/JUNGAPOP)
樋口晶之(ds)
坂口良治(ds/米米CLUB,JUNGAPOP)
金子隆博(key.vo/米米CLUB)
前回ゲストだった金子氏は、すっかりレギュラーメンバー入り。New Orleansにピアノとオルガンは欠かせませぬ!!そして今回はフレッシュなゲスト、大久保初夏ちゃん(BLUES SISTERS from RESPECT)、骨太Blues聴かせてくれました!まあ大所帯になってきましたな。
Jr.さんに前回打ち上げの時にリクエストしたBo Gumbos「絶体絶命」やってくれましたわーー♪めちゃ踊りましたわーーー♪ichiroの歌うThe Meters「Hey Pocky A-way」も幸せ。
しかしなんといっても今回は米米な2人の底力ってんですか。密かに圧倒されました。歌心あるplayって一番大切だわー。

ライブの後は毎度な某所で呑んで食べて笑って、金子氏にこの前のDr.Johnのピアノマン目線の話も聴けて、最後まで楽しい1日でした。軽く雨だったけど、iPod聴きながらウキウキで歩いて帰っちゃいました。
posted by chikage at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Live! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。