2012年06月05日

日本の宝 天国に召される

あぁ、昼にこの文字が飛び込んできた瞬間、本当に血の気が引いた。
ジョニー吉長 死去

学生の頃、PINK CLOUDに度肝抜かれてから
ずっと、離れることなく自分の心のなかにいる音。

最後に観れたのは今年1月の新春セッションだった。
あの スネアのタイミング、キレ、音のヌケ、
あの くう感じ。
音に対する表情が豊かでさ
ずっとニヤけながら観ていた。

R.I.P.ジョニーさん
posted by chikage at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 まじっすか? 結構しょっく! 
ダイナミックなフィルなんか最高だったよね。 鼻息の粗い若造を一蹴するような風貌と高いスキル。 残念だなぁ。
Posted by K太郎 at 2012年06月05日 06:55
K太郎

ショックだよ〜。
ジョニーさんじゃないと出せないあのgroove
無駄がなく切れ味最高のフィル
鋭い眼光なんだけど
セッション相手に時折見せる、お前やるじゃん!なニカーーッとした笑顔
BLUES SINGERとしてもかっちょいいし

ここ数年は、ライブハウスでのセッションを間近で観てたよ。

ミュージシャン仲間の追悼の言葉読んでも、ほんと慕われてたのが分かるよね。

残念。
Posted by ちかげ at 2012年06月05日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273486967

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。